JAいぶすき観葉植物部会
公式WEBサイト

観葉植物

光量

 観葉植物の生育には日光が必要不可欠で、不足すると元気がなくなって枯れてしまいます。しかし、日光が強すぎると葉が焼けてしまう事もあるので、適当な光量の場所に飾る必要があります。

 どの位の明るさが適しているかは、観葉植物事に異なり原産地と大きな関係があります。例えば、熱帯地域などの薄暗いところが原産の植物は耐陰性があり明るいところよりやや暗いところを好みます。

 強い光を好む植物は、ベランダや窓際で観賞してください。耐陰性のある植物は、玄関やキッチン・洗面所など薄暗いところでも観賞することができます。

日なたに移動する場合の注意

 明るい場所を好む植物でも、暗いところで観賞していると葉の構造が変化して暗いところでの育成に適応します。この状態で強い光を当てると、葉が焼け てしま うので、2~3週間かけて徐々に明るい場所に移動してください。逆に戸外で観賞していた植物を室内に取り込む時にも同様に、慣らす必要があります。

 夏は日が高くなり、部屋の奥まで日光が届かなくなり日照不足になることがあります。その場合は、部屋の明るい場所に植物を移動してあげてください。

屈光性

 植物は光のする方向に延びてゆく性質があり、この性質を屈光性といいます。窓際で観賞していると、幹や枝が明るい方向に伸びていき、観賞価値が下がってしまうことがあります。鉢を時々まわすと、バランス良く生育します。